飯田豊 テレビが見世物だったころ

¥1,000

在庫1個

説明

飯田豊 テレビが見世物だったころ 青弓社 2016年3月第1刷 四六判ハードカバー.
「初期テレビジョンの考古学」
「テレビは戦後に出現したメディアというイメージが強く、ラジオの時代、映画の時代と考えられがちな戦前・戦中の日本だが、実は、アマチュア・興行師・技術者・政治家などの多様なアクターがテレビジョンという技術に魅了され、社会的な承認を獲得しようと技術革新を目指していた事実を掘り起こす」
「戦後・街頭テレビ・力道山、という放送史の神話によって忘却されたテレビジョンの近代を丹念に跡づける技術社会史」

■状態■並上 カバー表4に自由価格本シール貼付(自由価格本シールは出版社の在庫処分品(未使用・未読本)で、通常の中古本とは異なり、新古本・新品特価本につけられる印となっております。輸送・保管中の多少の汚れ、傷みがある場合がございます).